×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HTC未踏の地“岐阜”へ
2004-9/18〜19
哀愁の白川郷ツーリング

2004年最大のメインイベントとして企画された今回のツーリング。
しかしながら参加者わずか3名…。
HTC RIDER'Z発足以来の破滅的参加率。
寂しさを胸に向かったツーリングは、
この先一体どうなってしまうのだろうか…





AM:6:00、
待ち合わせ場所の中央道石川PAに向かう。














   あは♪
















ChieちゃんとAyanoさん。
二人が見送りに来てくれていた。









お見送りにちょっぴり元気が出た
俺達二人。

見送りありがと。
初心に戻って二人で行ってきます。








いくつかのPAで休憩しながら、
一気に中央道260kmを駆けくだる。

途中のPAでいなり寿司をくれたおじさん、ありがと。









高速を降りて、飯田から県道8号のワインディングロードを自由気ままに走る俺達。









もちろん
自由気ままに休憩をとる。









やがて峠を超えると、









茶屋があり、









そこで、
南木曽岳や乗鞍岳などを見渡した。









山を降りてから、
向かったのは妻籠宿
(つまごじゅく)。








バイクをとめて、
川を渡って歩いて行くと、










何だ、ここは…










何なんだ。










ここは一体…








俺達は江戸時代へタイムスリップしてしまったのか?










そんな気持ちにさせる
風情がここにある。













風流な石畳を登り、













風流な飯を食う。













風流なツーリング。













妻籠宿を後にして、細い山道をひたすら走り続け、













一息入れてはまた走る。













やがて、トンネルを抜けると、













そこは雨だった。













さらに天気は局地的豪雨となり、
グローブもしぼれる程に濡れた。













しまいにゃ、雨と日没によって視界不慮で、中々宿へ到着できなかったよ。










史上最悪のツーリング?














そう思ったりもした。











けど、これもやがてイイ思い出になるだろう。










こうして、びしょ濡れ状態のまま、宿に着いた俺達。
偶然にもその宿にいた先客もまたツーリングライダーだった。










『お疲れさまです』
そう声をかけてくれたライダー同士の気持ちも嬉しかったな。












宿には囲炉裏があり、













皆が衣類を干していた。













風呂に入り、やっと落ち着いた俺達は、囲炉裏のある食堂で遅めの夕飯をとり始めた時、













現地集合で高橋さん合流。













それから3人で今宵の料理を堪能し、













酒を酌み交わす。













ほろ酔いになった所で、
その夜は早めの床についた。













翌日。
昨夜とはうって変わって晴天の中、
意気揚々と出発仕度をする俺達。













宿を後にし、
快晴の中を30分ほど走ると、













そこには世界遺産に認定された、
合掌造りの集落がある。













『白川郷』
そこはのどかで、
とても心が癒される場所。













日本人が忘れてはいけないものが、
まだここには残ってるんだよ。













白川郷を出発して、













限り無く続く細いワインディングを攻める隊長について行く。













やがて高山へ抜けると、













そこには、
ここまで迎えに来てくれた、
ちえ坊がいた。














今秋、
ロスへ行ってしまう彼女。

寂しくなるなぁ…













四人になった俺達は
高山の街でランチに。













ここまで来たらせっかくだ、
飛騨牛でも食べよう。













飛騨牛のステーキランチ。
3,000円。













高山は、
意外な程ラーメン屋が多く、













人力車での観光案内もある程、













情緒と活気に溢れている。













言うなれば… 小さな京都。
そんな感じだろうか。













そんな街で、
お茶でもしよう。












いつもとは違う、ちょっぴり優雅なティータイム。










楽しかった高山を後にして、













せせらぎ街道を走り抜けた俺達は、













とうとう
最後のワインディングロードを
堪能し終えた。













いい旅だったね。













とても
趣のあるツーリングだった。













やがて全走行距離が
1,000kmを超えた頃、













俺達は半分死んでたけど、













楽しかったよね。











    ホント、みんなのおかげさ。















いつもありがと。お疲れさま♪


●今回の全走行距離:約1,110km
本日AM1:30過ぎ石川PAにてHTC RIDER'Z解散。







このページの最初に戻る
TOP PAGEへ