2006 ゴールデンウイーク!
今年はさらなる未踏の地へ行ってまいりました。
HTC RIDER'Z in 岐阜・福井・滋賀!(前編)

2006-4/29〜30、1泊3日ツーリング
高井戸IC〜松本IC〜(R158)〜高山市〜(R158)〜荘川村〜ひるがの高原〜
(R156)〜見濃白鳥〜(R158)〜(R476・K2・R417)〜越前海岸〜(R305)〜
玉川温泉(宿泊)



毎年恒例のG.W.宿泊ツーリング。
今年はそれを楽しみにしているメンバー達の期待を
裏切るような雨の予報から始まった…。
僕らはただ一分の望みを持って決行することに…


しかし、

出発前の前日、急に予報は雨から晴れに変わる。
HTC的には、こういうのを奇跡と言うのだろうか。
そんな奇跡の晴天に恵まれた2006年ゴールデンウイーク。

それではHTC RIDER'Z 1泊3日の旅、
岐阜・福井・滋賀ツーリングレポートをどうぞ!









AM6:00
中央道藤野PA
おはよーっす!
元気に集合してくるメンバー達。

やったね!
予報が両日晴れに変わってマジで嬉しい僕達。満面の笑顔です♪

心ウキウキ?
興奮しすぎて夜の1時に目覚めて5時集合してしまったヒロシさん。
あ、熱すぎる!(笑)

この寡黙な男は新メンバーのmasunagaさん。
何でも聞くと、過去10年間ツーリングで雨に降られたことがないと言う。
そ、そんな人間がこの世にいたのか!?
ひょっとして…、
今日はあなたのおかげですか?(笑)



 

さあ参加者12名が集合!
今回は'06新メンバー4名を含めたHTC一泊ツー参加最高人数となりました。最高の天気に、最高の仲間、そして最高のルートで、間違いなく最高のツーリングになるでしょう!
それではまず松本ICまで高速走行に出発!






途中の双葉SAにて給油休憩。
春は寒暖の差が激しいから、
朝晩はまだちと冷えます。

みんな、初日がはじまったばかりで、
1番ワクワクしてる時ですかね〜。


 

 





再び中央高速道を走り続け、
ようやく松本に到着、下車。

寒む〜。
さすが長野、山々に残雪しているのが遠くにチラホラと見える。
さあ、これからそんな山に向かって、
安房峠を超えてゆきます。

 

 





山に向かってR158を走り、
安房峠トンネルを抜け出た僕らが
目にしたのは驚きの景色だった。


 


まだまだ雪が残る山々
トコロ変われば季節も変わる。
ここにはまだまだ春が届いていないようだ。
そんな季節を肌で感じるのも、またツーリングの醍醐味でしょうか。




すげ〜、
マジ冬だよ、ココ。
やはり来年G.W.に東北方面行くのは無理だな。峠が走れなさそうだ。


ほら、その辺に雪が、
普通に積もってますよ。

 

 

 





ここを出たら、
今度は高山方面に向かって
ひたすらR158を下っていく。
交通量の少ない田舎道。
僕らは快適に走り抜けた。

 

 





で、着いたのがココ『国八食堂』。
なんでも、あちこちのツーリングライダー達も御用達にしているという。
安くて美味しい名物料理があるんだってさ。

AM11:30。
さっそくここでお昼に。
中に入り、メニューを見ると、
確かに安い料理が並んでいる。

『注文いかがなさいます?』

え〜と、、
とうふ定食に、ホルモン定食に、
いか焼きお願いしまっす。

数分後…

『は〜い、おまちどー』

おぉっ!

こりゃウマそうっすね〜。


とうふ定食630円

ホルモン定食630円

そして、いか焼き750円
う〜ん、確かに全部安くて
ボリュームも満点だ。

こんなに食えるだろうか、
と思ったけど、あっさり完食。

美味かったァ。

満腹感いっぱいになったところで店を出ると、
桜が…。

まさにトコロ変われば季節が変わるね。

ここで日帰り参加のごろうくんが帰宅。
お気をつけて〜。

さあ、僕らが次に向かうのは九頭竜湖だ。

 

 

 





再びR158を突き進み、途中でまた給油タイム。
いやあ、この田舎道、最高でしたね!
かなりハイアベレージで走れました。
超楽しかった〜♪

空を見上げると、一体雨の予報はなんだったの?ってくらいに晴れ渡っている。
ぽかぽか陽気の中、
ダラダラ休憩炸裂中です。

さあ、全員給油が済んだところで
再び出発だ。

 

 





その後もハイアベレージで田舎道を走り続ける。
道はやがてワインディングロードに変わり、
さらにそのワインデイングは川沿いとなり、
ようやく九頭竜湖が現れる。

PM3:00、九頭竜湖に到着。
HTC RIDER'Zついに福井県突入!
またまた最高の道でしたね〜。
しかも皆さん、ほとんど大差なく連なって走って来れました。今年の新メンバーのみなさんはホント上手いよ。

おお〜、
これが九頭竜湖かあ。

九頭竜湖とは、九頭竜川が九頭竜ダムによってせき止められて出来たものらしい。

ここから見える山々も、
また素晴らしいんだ。

とうとう福井県まで
来ちゃいましたねえ。

やっぱ記念に撮っときますか?



HTC RIDER'Z福井県参上!
来てしまいましたよ、福井県!
きっと、みんなと一緒だから、ここまで来れたんだよな。
でも、まだまだ、さらに走りますよ。
いざ日本海まで!



 

 





九頭竜湖を出て、再び山を下る。
そして長きに渡って走り続けた
快走路のR158を左折、

R476へ。

ここから、いよいよ
日本海を目指すHTC。

その前にここで、給油を兼ねて、
ちょっと一息入れよう。


まったり休憩中
初めての福井の道を皆それぞれに楽しみながらここまで走ってきました。
いよいよ、もう1つか2つ山を超えたら日本海に出るところまで来ています。
さあ、時間も押して来たので頑張って行きますか。







いくつかの峠を超えて、
再び走り続ける僕達。

そろそろ陽も傾きはじめた頃、

のどかな風景の、
のどかな橋の上で、
ちょっと休憩をとる。


よく走ったなァ…

そういえば、
おばさんがカーブの途中で
山菜取りしていたのには驚いたよね。
あれは危なかった(笑)。

海まであとどのくらいですかね?
もう100kmないよ。
海まで後ちょっとかぁ。




さあ夕暮れの日本海を目指そう。
今日1日で、かなり走ってきましたが、誰も疲れたとは言わない。
むしろ、楽しい1日がもう終わってしまうのか、といった思いの方が強かった。
でも、まだ最後の目的が残ってますね。
これから日本海に出て綺麗な夕陽を眺めながら、本日のエンディングを迎えましょう!



 

 















こうして最後は日本海越前岬を目指し、
走り出したHTC RIDER'Z。







海に出るまでに走り抜けた最後の市街地走行は
さすがにキツかったァ。。







でも、そんな市街地を抜けると、ようやく潮の匂いが…








キタ、キタ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━ !!

















キタ━━(゚∀゚)━━ !!

越前日本海〜!!

や、やっと着いたァ…、

本日最後の目的地、越前岬。

本当に今日1日だけで
東京から、岐阜を超え、
越前日本海まできてしまった…。

メンバー全員がその達成感に浸っていた。



ホント、
充実感で胸がいっぱいです。

 

 


夕陽に染まる越前岬
日本の渚100選の越前海岸。
なかでも越前岬は越前海岸一の景勝地です。
僕らは展望台まで登りませんでしたが、
展望台からは、東尋坊や敦賀半島を一望できるらしい。

 

 

せっかくだから、
海岸まで降りようか。

わあ、綺麗☆

夕陽をバックに
しばらく、たわむれていた。

 

黄昏RIDER11名感無量
沈みゆく夕陽を眺めながら、今日1日を振り返り、そして黄昏れる。
最高です!もう何も言う事はありません。
これから温泉入って、飲んで、食べて…
ああ、こんな贅沢していいのだろうか。

















越前岬を後にし、最後は宿を目指す。
岬から宿までは約10km程走ったところにありました。







PM7:00、ほどなくして無事宿に到着したHTC。







今回HTC RIDER'Zがお世話になった宿は、
越前温泉 国民宿舎『かれい崎荘』です。







宿に着くと、さっそく日本海が望める露天風呂を浴び、
今日の疲れを存分に癒した。
しかし他の宿泊客はもうとっくに夕食も済ませており、
僕らは急いで夕食を済ませて欲しいと、頼まれた(笑)


















おっ、ここだな。
HTC御一行様は。

みなさん、本日は大変お疲れさまでした。

さっそく乾杯!

くう〜〜〜っ!
ビールがうまい。

一泊ツー初参加で
もう病みつきになりました。

みなさん、
満足感で言う事なしですかね。

あ〜、でも、
やっぱカニは食いたかったね(笑)。

宴会はいつものごとく、
部屋に戻って2次会へ。

新メンバーのみなさんを迎えた話は大変盛り上がりました。
聞けば、みなさん随分前からHTCの事を知ってたって言う。
実は俺達って有名人だったのかな(笑)。

午前1:00
宴会もピークを迎えた。
ここで御開きとしましょう。





あれれ。せっかく追加注文した
刺身の盛り合わせが…
あ〜あ、こんなに余っちゃって…

まあ、いいか。寝よっと。



後編へとつづく





このページの最初に戻る
TOP PAGEへ